負担が少ない

若者の車離れについて

近年、都市部を中心に若者の車離れが指摘されるようになってきています。東京都心などの都市部であれば公共交通も充実しているため、日常生活に車を使わずに済むケースも少なくありません。また、車は運転していなくても駐車場や保険料といった維持費がかかります。そのため、通勤や仕事で車を使用しない場合、週末に使うかどうかわからない車を所有していることは、大きな費用負担となります。そのため、使用したいときだけ利用するカーシェアと呼ばれるシェアリングシステムが普及しつつあります。また、利用する距離や頻度によっては、シェアリングシステムではなく、レンタカーを利用したり、タクシーを利用する方が合理的な場合もあります。

カーシェアの長所と短所について

最近では、都市部を中心にカーシェア以外でもさまざまなシェアリングシステムが普及してきています。一つの部屋を複数人で借りるルームシェアや、一軒家を複数人で借りるシェアハウスといった物件も普及してきています。車を借りる場合、カーシェアについては、比較的短時間、短距離の移動に適したサービスであるといえます。長距離や長時間の利用の場合は、レンタカーを利用したほうが便利であるといえます。しかし、カーシェアにも借りたいときに必ず借りられるとは限らないといった点や、採算性の問題から一部の都市部にしか普及していないという問題もあります。自分の利用目的に合致する場合、必ずしも所有という形態にこだわらなければこうしたシェアリングシステムを利用してみるのもよいでしょう。